1. TOP
  2. BOKUSAIについて

BOKUSAIについて

墨をテーマにしたWeb素材配布サイト・BOKUSAIへのご訪問、ありがとうございます。
このページではBOKUSAIの掲げるコンセプトのご紹介とリンク情報を記載しています。
また、BOKUSAI管理人の駆け出しWebデザイナー・amiの自己紹介や経歴なども載せております。
これも何かの御縁、少しでもご興味をもっていただければ幸いでございます。それではごゆっくりどうぞ!

CONCEPT

BOKUSAIキーワードは「墨に、五彩あり。」
「墨に、五彩あり。」 ―― これは、横山大観の「墨は黒一色でありながら、濃淡渇順潤の千変万化は色彩以上の複雑さをあらわす」 という意味の言葉です。ためらえば迷い線、勢いあれば躍動線。書き手、筆、紙、いずれによっても表情を変える「墨」という素材は、 他では出すことの出来ない独特な味わいを見るひとに与えます。 この「墨」という素材で、どうにか新しいデザインを創りたい!それがこの「BOKUSAI」のスタートです。

BOKUSAIのコンセプトは「ビビッドな和」「可愛げのある渋さ」「粋」の3つ。
半紙に描いた墨絵・筆文字をそのままではなく、あえてビビッドなカラーやデジタルな汚しを加えることで、 いわゆるこてこての和風と一味違えた、ビビッドならぬビビっとくる和を創りたいのが一つ。(ブルッとさせてすみません)
さらに「戌猫戯画」などの企画を通じ、渋いだけではなく、もっとPOPで敷居の低い、かわいげのある和デザインを!というのが二つ。
総じて三つ目、「とにかく、なんかかっこいい」。そう言ってもらえる「粋」なデザインであること。

この3つのコンセプトのもと、BOKUSAIではami手描きの墨絵・筆文字によるWeb素材を皆さまに見て、そしてお使い頂くことで、 どこかにあるようで無かった!そんな墨デザインに挑戦していきたいと考えています。
ぜひ皆さまの厳しくも温かいご意見・ご感想をよろしくお願いいたします。

LINK INFORMATION

BOKUSAIはリンクフリーです。サイトジャンル問わず、ぺたりと貼っていただければ嬉しいです。
バナーは下記からご自由にお使い下さい。(欲しいサイズのバナーがない時はお気軽にリクエスト下さい)
Add our banner to your site.Thanks for linking to us.

ノーマルサイズ(88×31)

BOKUSAI banner88x31_01 BOKUSAI banner88x31_02 BOKUSAI banner88x31_03

ボタンサイズ(120×60)

BOKUSAI banner120x6_01 BOKUSAI banner120x60_02

日本サイズ(大:200×40, 小:32×32)

BOKUSAI banner200x40_01 BOKUSAI banner200x40_02
BOKUSAI banner32x32_01 BOKUSAI banner32x32_01 BOKUSAI banner32x32_01 BOKUSAI banner32x32_01

サイト情報
サイト名: BOKUSAI(ぼくさい)
URL: http://ukiyodog.com/bokusai/
※上記URL以外のリンクは切れる可能性があります。
コンテンツ内容:
墨による手描きのWeb素材配布サイト

動作確認済ブラウザ:
Firefox3.x/Chrome 12/Safari 5/IE8
使用言語等:
XHTML/CSS/JavaScript/Flash

管理人情報
SITE MASTER: ami
MAIL: ami.bokusai@gmail.com

PROFILE

Name: ami
1985年4月生まれ/中大法学部08卒/デジハリWebデザイナー専攻卒
駆け出しのWebデザイナー/プライベートも大切

スキル: HTML/XHTML/CSS/JS(jQuery)/Flash(広告)/WordPress
使用ソフト: Ps CS5/Ir CS5/Dw CS5/Fw CS5/Flash CS5/Eclipse
Like: らくがき/寺社/ショッピング/ラーメン/ご当地グルメ/Diesel
座右の銘: 「求めるまえにまず己から」「戦略的ながむしゃら人生」
そのほか活動: http://ukiyodog.com/
ami画像
 高校時代、HTML辞典片手に「@vintage」という和風Web素材サイトを立ち上げ、Web表現の大海のような果てしなさに唖然としながらも Webの虜となる。大学在学中は、専攻そっちのけで墨絵加工やイラスト制作に熱を上げてしまう。 サイトの墨素材に目を留めて貰い、デコメ素材・「EZケータイPOST」への年賀状テンプレート素材制作などの仕事にも恵まれる。
 卒業後、クリエイティブ職に未練を残しつつ、SEとして就職。 いつか息の長いWebデザイナーへ転向する時のため!と数学センター0点の伝説を持ちながらも、日夜プログラミング習得に励んだ。 Androidアプリ開発に携ったこと機に、今こそWebに飛び込もうとデジタルハリウッドのWebデザイナー専攻速習クラスの受講を決意。 情熱と愛をもって仕事をする先生方やクライアントに出会い、かなり回り道をしたものの、やっと自分の素直な夢を再確認した。
 2011年8月より都内でWebデザイナーとしてのスタートを切るチャンスを与えられ、日々修行の毎日を送る。Webデザイン修行の集約「BOKUSAI」の他、創作活動「showcase」、センテンス創作「浮世howler」などでも自己表現を試みていく予定。